恋愛結婚をするということに憧れている人は多いと思います。理想の異性に出会い、恋に落ち、両想いとなり、ついに結婚という幸せを手に入れる。そこにはロマンもありますし、ストーリーもあるので、一生の体験として素晴らしいという思いがあると思います。

なにか運命めいたものがあるような気が

お見合い結婚というものには、親が決めた相手であったり、家柄や、環境で仕方がなくお見合いという結婚を選ばなくてはいけないというなにか、物足りなさや、失望感のある中での結婚となることになるような気がします。

もちろん、恋愛をして親兄弟から反対されて、不幸せな結婚をしてしまうより、ずっと安定した正しい結婚という意見もあると思います。

どちらにしても、お見合いという場を設けられたこと、実際にその場で結婚をしようという思いに至ること、それは恋愛をした時と同じように、なにか運命めいたものがあるような気がするのです。

何度か会ってすぐに結婚という過程しかない

正直に言って、お見合い結婚は何度か会ってすぐに結婚という過程しかないわけですから、疑似的な恋愛しかはじめは出来ないと個人的には思うのです。

ですが、結婚をした相手というものに愛情を抱くということはきっとあると思うのです。

それはもしかしたら、恋愛感情ではないのかもしれませんが、情というものは確実に湧くはずです。その結婚というものに、少し美しさのようなものを感じる時もあるのです。

出会いというものは、自分では起こせるものではありませんし、そこには不思議なめぐりあわせというものがあるわけですから、それを縁という言葉で日本人はずっと大事にしているのです。その縁を幸せなものと考えるために少し離れた距離から、二人で努力していく過程というのは、とても良い物なのではないでしょうか?

魅力的な女性になるためには美しさへの努力も大切

お見合いはフィーリングとも言いますが、印象という意味では心も身体も魅力的な女性になることで、当然ながらフィーリングは合いやすくなります。

女性におすすめのHMBサプリを飲んで運動をすれば、脂肪の少ない痩せやすい身体へ体質改善ができますよ。

 

ある意味、恋愛よりも劇的な展開、存在なのでは

どこか遠慮があったり、完全な100%惚れこんでいるという状況ではないなかで、きちんと家族として生き、支えたり、傷つけたりしていく。

親、親族という物の形と同じで、自分で選べない。存在でありながらも、何よりも大事な存在になったりする。

ある意味、恋愛よりも劇的な展開、存在なのではないかと思う気持ちもあるのです。

子供に親が選べないというような言われ方をするのに、その親という存在を愛したり、嫌ったり様々な家庭がある。お見合い結婚というものにも、自分で選べない相手、いろんな環境下の中で自然と結婚へと導かれた相手。

それは運命の人という言い方で何も間違っていないのではないかと思うのです。

幸せになれたなら最高のストーリーですよね。